Information

やまえもん

Author: やまえもん

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

ときどきバックパッカーしています。

Recent Posts


こんにちは。

緊急事態宣言はとうに解除されましたが、テレワークを導入する会社が増えてきたのではないでしょうか。

私もちょっとだけパソコンを改良したので、しばらくはこのままでいい派です。

最近はCADで実験機の設計を行っているので、ずっとパソコンを使っています。

Fusion 360 というAUTODESK製のCADソフトを使っています。

これがめっちゃくちゃ軽くて楽なんです。

それでなんですけれど、CADって個人的にはOpenGLを利用しているイメージだったのですが

Fusion 360ってDirectXを利用しているようです。

つまり,NVIDIAでいえばGeForce系のほうがいいということですね。

OpenGLならばQuadro系を利用したいところでしたが、DirectXなのでGeForce系がむしろ良いということですね。

現在、GeForce1070Tiを利用しているのですが部品点数が増えてきましたが、ぐるぐる回してもGPU使用率は30%を超えません。

GeForce20xxが出て久しく、もはやハイエンドモデルでもない1070TiですがDirectX系には十分な性能をまだまだ持っているということでしょうか。

さて、今回はIntel 10th CPU のi9-10900Kについてのお話です。

IMG_3813 (2)

実は私の自宅デスクトップさん。

IMG_3650 (2)


構成がカローラのエンジンを積んだポルシェ911って感じなんです。

CPU:Intel Core2Duo E8600
GPU:NVIDIA GeForece 1070Ti
RAM:8GB

おわかりいただけだろうか。

どう考えてもCPUがボトルネックなんです。

キャプチャ

先にCINEBENCHの結果をお届け。

一番下がE8600で,10900Kとは21倍程度の性能差。

めちゃくちゃ重たいゲームやるわけでもないしC2Dの温度の上がらなさは気に入っていたんだけれど

どうもいろいろと処理が重いんです。


というわけで、i9-10900Kに交換してしまいました。

マザーボードごと!

IMG_3810_convert_20200806121432.jpg

今回はメモリーもOC対応のヒートシンク付きを買ってみました。

マザーボードより高かった・・・・・


CPUクーラーはninja5を新たに購入。

10900Kは爆熱と噂だったので,もとから2000rpm全力回転のファンに交換のつもりでファンも2個購入。

IMG_3811_convert_20200806121446.jpg

マザーはASUSのROG STRIX Gaming Eです。

選んだ理由はDrMOSが同価格帯の中で惜しげもなく使われていたからです。

OCするかわからないけど、i9は爆電と聞くのでそれ対応ですね。意味あるかわからないけれど。

組み立てるとこんな感じ。

IMG_3814_convert_20200806121548.jpg

ninja5の圧倒的存在感。

ファンを付けていなくてもこの存在感です。

ちなみに、ninja5はある程度ヒートシンクの大きなメモリを付けても対応できるように、切込みがあります。

サイズのクーラーってホントによくできていると思う。

C2Dの時はninja2を使ってましたけれどやっぱり高性能だった。

5は2より一回り大きいですね。

交換を考えている方お気を付けください。

しかし、性能は確実に上がっています。

IMG_3815_convert_20200806121259_20200806122057afa.jpg

何事もなく起動!

怪しく光るAURA機能搭載。

ケースは20年近い型落ち品ですが、中身は最新クラスです。

こうしてると、GPU取り換えたくなっちゃうんだよなぁ・・・・・お金ないけど。

ちなみに,常2000rpm回転でi9-10900Kは冷却できているようです。

5.3Ghzは無理ですが、全コア4.9GHzで回すと温度は70℃付近で定常状態に入ります。

個人的にはもう少し温度を下げたいのですが、それよりもGPU温度を何とかしたほうがいいのかなというところが現状です。

バチバチにOCしないのなら空冷でも十分行けるというのが僕の結論でした。
※静音という概念は存在しないことが条件

KシリーズにクーラーをつけないというINTELの考えは僕は支持できます。

けど、だったらもう少し値段下げれるんじゃないの?とも思うんですけれど

いまだにAMDに手を出す勇気がないのですね。


i9-10900Kは失敗作といってる方も多いみたいですが、Pentium Dも出始めは同じことが言われていたような気がします。

それでいて結局ロングセラーでしたので、同じ道をたどるような気がします。

今回は68000円前後で購入することもできたので、良い買い物だったと思います。

つづく
関連記事
Theme :日記 - Genre :日記

こんにちは。

コロナ休暇(?)が終わり,突然研究室が忙しくなり更新が滞っておりました.

研究も3カ月遅れで始まりましたが,今年卒論を書く人たちは大変そうですね.

毎年の4分の1で書き終えないといけないので.

私は,昨年の続きで来年も続くのでとくに影響はない・・・・・・と思っていたのですが,

学会に出なくてはいけなくなり,急遽そのために書類を整えたり概要書いたりと忙しいです.

そして,卒論を書く子たちのお手伝いもしなければいけない.

まぁ、お手伝いは楽しいので全然いいのですが,終わってみたら「もうこんな時間!」なんてこともしばしば.

トレーニングも再開しましたが,しばらく現状維持が精いっぱいになりそうです.

せっかくベンチプレス100kg達成したのに・・・・・・


さて、今回はレストアについて私の意見です.

自動車好き界隈では,MAZDA自動車が初期型のロードスター(NA)を公式的にレストアすることになったという情報も久しいかと思います.

NAロードスターレストアサービス

めちゃくちゃ金とられそう

ですが,こういうことを会社としてやるMAZDAってかっこいいな!と思います.

クリーンディーゼルエンジンを開発した経緯とか,とてもいい会社だなぁと思います.

さて,以前の記事で,PCを新しくするぜって話をしていたのですが,ついにi9-10900Kを導入致しました.

何に使うんですか,って話なんですけれど,最近はMayaで3DCGを描いています.

これも研究で必要だからです.

ちなみに,GPUはGeForce 1070Tiが2つ. SLI接続です.

研究で使っているとはいえ,私物だから何でもありだぜってことで,試しにGTA Vでもインストールしてやってみましたが

軽い!

全てウルトラ設定っでフルHDではありますが,車を爆破しても,戦闘機で山を越えても,まったくラグなし.

ただ,熱対策がとにかく大変で,高回転ファンを追加しまくったので,静音とは真逆です.


さて,もう一件レストア案件があります.

中学生の時からの友達が,最近自転車にはまったらしく,ロードバイクを改造して遊んでいるそうです.

僕は通勤用に,センチュリオンのクロスバイクに乗っているのですが,ホイールを変えたり,ところどころカーボンにしているので十分に軽く,大阪から京都くらいまでは行けます.

そう思っていたのですが,友達が,「あわいち」出ようとか言いだしまして

クロスではちょっと150kmは厳しいかなと思っていましたところ,妹君がBianchiのロードバイクいらないかって言いだしました.

ちょっと古い型ですが,くさってもBianchiのフラグシップモデル.

妹君は物を大切にしない人なので,状態は良くなく,売っても買いたたかれて終わりだろうとのこと.

ということで,8月中に取りに行き,その後レストアに移りたいと考えています.

赤いフレームなので,赤黒ベースの車体にしようかなと考えています.


といっても8月忙しいんですけれどね.

中旬には,日本の3大鉄鋼会社の一社に1週間くらい訪問させてもらうことになっていますし・・・・・・

そっちはそっちで楽しみなのですが.


関連記事
Theme :日記 - Genre :日記

いよいよクチトンネルに潜入です。

今回は後半に動画があります。

IMG_7726_2020060522213190e.jpg

当時の兵器がたくさん並べられています。

IMG_7727_20200605222132a40.jpg

砲弾かなにかでしょうか。

IMG_7729_20200605222134789.jpg

一応、柵と屋根がついて展示品ぽいけど

掘り起こしたやつ並べただけじゃね

IMG_7731.jpg

ブローニングM2が見えますね。

まだ現役と考えると長寿ですね。

IMG_7733.jpg

迫撃砲や無反動砲もありました。

ていうかほとんど鹵獲兵器のようですね。


さて、チケットを買う場所に行くと、ちょっと待つように言われます。

別に屋根のある場所でもないので雨の日は大変ですね。

ちなみに、ツアー形式で数人まとまって案内されますがすべて英語で説明されます。

VELTRAなどで行くと日本語ツアーになるのかどうかは不明です。

それでは、トンネルの様子は動画でご覧ください。

本人撮影です。



動画をとるのが下手くそなのはご容赦ください。

とにかく狭くて、白人系の体格の良い方々は入れないと思います。

入れたとしても永遠に匍匐とか・・・・・

おそらく、横幅より身長のほうがマイナスに働きます。

わたしもトレーニングをしているので胸囲100cm超えてますし、肩幅もあるほうですが身長が170cm。

しかし、僕より細いけれど身長180cm超えていそうな男性は無理そうでした。

白人系は女性以外はチャレンジすらあきらめていました。

最後の出口のところがかなり大変で、履いていたタイパンツ破けました。笑

僕くらいの大きさがボーダーラインなのかもしれないです。

東南アジアの人たちは僕より小さい人がたくさんいますから、合わせて作られたと考えられます。

このあとタロ芋を蒸したものを岩塩をつけて食べるものをいただいてツアーは終了でした。

関連記事

クチトンネルまで自力でバスで来てみました。

ホーチミンシティからクチトンネルまでのバスは前回の記事をご参照ください。

ベトナム語が読めなくても、番号はよくある数字で書かれているのでなんとかなります!

ちなみに、ミャンマーではバスの番号もビルマ語でした。

また別の記事にします。


さて、クチトンネル付近は大きな公園のようになっています。



ですが、道以外の場所を好き勝手歩かないように!

いまだに、地雷やら不発弾やらの可能性があるとかないとか・・・・・


まず、お寺のようなものが見えてきます。

IMG_7717.jpg

他にも

IMG_7715.jpg

お寺のようなものかなと覗いてみると・・・・・・

座っているのはブッダではなさそう

IMG_7725_20200605222129276.jpg


なんと、ホーチミンさんが祀られているのでした。



気になる方はwikiへどうぞ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%B3

ホーチミンは死後こうして祀られることを望んでいなかったようですが、ことごとく無視されているようです。

まぁ、世界で唯一アメリカに戦争で勝った国ですからね。

いまでこそ、祀りたくなる気持ちもわからないでもないような・・・・・・


つづく
関連記事

ホーチミンシティについた翌日。

早速、クチトンネルへと行ってみることにしました。

IMG_7708.jpg

とりあえず、ごはんに困ったら麺類!

いまだに、麺類でハズレを引いたことはありません。

あの、メシマズ国ミャンマーですら、麺類はおいしかった。

国を移動した際は、一食目は必ず確実に火が通ったものにすることにしています。

麺類は100%火が通っていると確信できるのでよくお世話になります。


さて、今日はクチトンネルへ行くことにしました。



ホーチミンシティから北西70kmくらいの場所です。

まぁまぁ町から離れていますし、ここへ行くにはツアーで行くのが最も楽でしょう。

有名どころは、VELTRAでしょうか。

家族旅行で1度利用したことあります。

日本語が喋れるガイドさんが付いていてくれますから、説明などもわかりやすいです。

けど、よく考えてみます。

移動に4000円も使ってられっかよ。

自力で、バスで行けば安いということです。

しかも、バス乗り場は滞在場所から徒歩圏内。

使わない手はありません。



ベンタン市場のすぐ近くからバスが出ています。

そういえば、以前、親と一緒に来たときはこの辺のホテルに泊まった記憶があります。



うん。高いね。

いまの私とは身分が違うよ。

ウェルカムドリンクでシャンパンが出てきたり、ラウンジで軽食食べ放題だったもんね。

今泊ってる一泊の値段の何倍?20倍?

払えなくはないですよ。自分で払うともったいなく思えちゃうんですよね。

だからバックパッカーやってるんですけれど。


そういえば、ミャンマーで会ったイギリス人が言っていました。

バックパッカーには二種類の人がいる。

1,本当に余裕がなくてバックパッカーしかできない人

2,余裕ないわけじゃないけれど、節約してたくさん周りたい人

確かにいるんです。1の人。タイはバンコクのカオサン通りの裏路地に行けばたくさんいます。

そうかと思えば、バックパッカーなのに飛行機はビジネスしか乗らないって人も。

あとはUAE出身で処理に困るくらい原油を手に入れれるのにバックパッカーしている人にも会ったことあります。

バックパッカーをしはじめて、いろんな価値感を受け入れられるようになったと思います。

そんなことはどうでもいいとして、ルートはこうです。

IMG_7710.jpg

当時のスクショをそのままどうぞ。臨場感をお伝え。

サイゴンバスステーションからクチターミナルでいったん乗り換えです。

ベトナム語はわからないので、とりあえず、13番のバスに乗り79番のバスに乗り換える。

これだけ覚えていればなんとかなります。帰りは逆をするだけ。

クチターミナルで乗り換えたら、運転手さんにクチトンネルに行くといえば、降りる場所を教えてくれます。

さて、ホーチミンのバスステーションでなかなか来ないバスに乗り込みました。

東南アジアでバスが時間通りに来ることはまずない。

出発してすぐに、車掌が来て料金を徴収されます。

案の定、倍の額を払えといわれる。旅行者は倍の値段だそうです。

事前に値段を調べていたので、無視して6000ドン払いました。細かいお札を用意しておくことが大切です。

嫌そうな顔をするも、意外とあっさり食い下がる車掌。

ちなみに、6000ドンは30円くらい。

それで、始発から終点まで。

都バスと同じシステムで、どこまで乗っても一律料金です。

このシステムは東南アジアには多いです。バンコクでもお世話になっています。

クチターミナルからトンネルまで7000ドンですから33円くらい。

150円あれば行って帰ってこれる計算です。

ツアーでいくのがもったいなさすぎる。

IMG_7738.jpg

バスはホーチミンシティを抜けていきます。

社会主義国といった感じのプロパガンダが目に入ります。

IMG_7711.jpg

こういう、日本では確実にやり玉に挙げられるような看板があるのがおもしろすぎて社会主義国に行きたがるんです。

実は、このあとキューバにも行っています。

また、別の記事にします。


バスはどんどん田舎へと進んでいきます。

そしてクチターミナルでバスを乗り換えます。

ここでイギリス人美女二人に声を掛けられる。

二人ともクチトンネルに行くらしい。どこで降りるのかわからないから一緒に行こうと。

肖像権あるので写真は割愛。イギリスにも肖像権があるのかは知らないです。笑

IMG_7713.jpg

肖像権関係なさそうなので、バックショット。右の二人です。この写真の許可はとっています。笑

こういうのも、旅の楽しみですね。

つづく
関連記事