Information

やまえもん

Author: やまえもん

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

ときどきバックパッカーしています。

Recent Posts


中南米に行っていましたが帰国いたしました。

メキシコシティ発の飛行機で帰ってきたのですが、フライト時間が15時間で時差が14時間ですから、丸一日分消えます。

20日に向こうを出発した私は22日に成田空港に到着しましたとさ。

21日どこいった。わら

というわけで、時差ぼけもそろそろ治ってきましたので、ブログ記事を更新しはじめようと思います!
関連記事

こんにちは。

8月もそろそろ終盤で、小学校や中学校はもう夏休みも残り少しなんてところですけれど

私はやっと夏休みに入れました。

ここのところ忙しすぎて、何もできていなかったのですが、今後は後進もがんばろうと思います。

よろしくお願いします。

さて、前回くらいの記事で扱ったのですが、今週末、浅草サンバカーニバルに行ってきます。

いろいろ楽しみなので、写真などを撮ったらアップロードさせていただきたいと思います。
関連記事

こんにちは。

世間はお盆だそうですね。

私は現在も研究室通いが続いています。

簡単に言えば、9月に南米に行くための貯金みたいなもので、お盆のお休みを9月に移した感じです。

明らかにお盆の分より休む

そんなこんなで少し忙しいのでバックパッカー系記事は今週いっぱいお休みさせてください。

最近、結構な数の方に毎日訪問していただいているようなのですが、すみません。許してください。



題名になっているのですが

自転車にいたずらされました。

夜の10時過ぎくらいに研究室から帰ろうと、駐輪場に行って自分の自転車を見てびっくり。

タイヤがぺしゃんこ

昼間暑かったし、内圧にバルブが持たなかったのかなぁと押して帰りましたが穴があいていました。

まったく、しょうもないいたずらするやつがいたものです。

そんな感じで、いまは徒歩で通っています。

だいたい1kmないくらいの距離になるのですが、ずっと自転車だったので歩くことがなんだか新鮮。

こんなに歩くことなんて、旅に出たときくらいだと、ふと、思いました。

関連記事

浅草サンバカーニバル をご存知でしょうか?

サンバカーニバルといえば、ブラジルのリオデジャネイロで行われるものが有名かと思います。

あの南米美女がほとんど裸で踊ってるイメージのお祭りですね(偏見)

9月に南米に行くのでそんな美女がいるのかとちょっと期待している。

実はお祭りやパーティは小さなころから大好きで

地元でお祭りがあれば、必ず法被を決めて参戦

この前、ノリで「岸和田のだんじり」も曳きましたし、荒川区素盞雄神社の「天王祭」で御神輿を担いだこともあります。

岸和田のだんじりは記事にしてあります!

ちなみに、イッテQの「お祭り」コーナー大好きです。

とりあえず、体験してみたい人間なので、バックパッカーしているのですね!



さて、リオではなく浅草のほうなんですけれど。

浅草サンバカーニバル公式

外国語学部の友達に呼ばれてお手伝いで出ることになりました。

え、男ってなにすんの?って感じなんですけれど

まぁ、夏休みで暇だし、南米に行く景気づけに(適当)いいかなと二つ返事でOKしました。笑


さてさて

日本でやるわけですし、やっぱ、日本人って露出気にするじゃないですか。

産業革命以前のイギリスほどではないですが、肌を隠す文化ですよね。

しかも、天下の雷門の前を通過するわけです。






リオのサンバみたいなギリギリではないだろうと思っていました。



Google画像検索してびっくり。

普通にえぐいのいるっていう。笑


一応、ここに書いておきますが

時系列的には、友達に参加を伝えた時刻のほうが、画像検索より前です。

つまり、参加を決めたときは、どんなものなのか全く知りませんでした。(重要)



よく見ると、普通に南米出身そうなダイナマイトがちらほら。

気になる方はグーグル画像検索どうぞ


まぁ、最近は外国の人も国内に多いですからね。珍しくはないですが・・・・・・

それよりも、ちょっと面白いなと思ったことがあります。


リオデジャネイロの場合、ほとんど南米系ですが

浅草の場合、白人系も混ざってるということに気づきました。

これは、リオデジャネイロよりお徳では???

僕はアジア系がいちばん好みですけれどね



というわけで、あまり旅とは関係ないですが参加してきます。

のちのち記事にしますので、ほどほどに期待していただけるとうれしいです。


関連記事
Theme :日記 - Genre :日記

次のたびの計画を立てるときが、なんなら、一番楽しいのかもしれません。

飛行機を調べたり、宿を検索したり、現地通貨や物価を計算したり。

それから、気になってくるのが、英語が通じるかどうか。笑



以前、バングラディッシュに行ったときは、全く英語が通じなくて、そこそこ苦労しました。

現地の人はみんな優しかったので何とかなりましたが・・・・・・

また別のときにバングラディッシュ編を記事にします。

IMG_0812_convert_20190730192450.jpg




さて、実を言いますと、ですね

今回はあまり旅行期間が取れませんでした。



理由はいろいろありまして、実家のほうで法事やらなんやらあったり、研究室のほうが忙しかったり。

こんなことしていますが、一応れっきとした旧帝国大学の理系研究室のメンバーです。笑

研究は楽しいのですが、また旅とは別ですからね。それはそれ、これはこれです。

教授先生には研究を任されていますので、ちゃんと進めないといけません。


というわけで、今回獲られた期間は「2週間」・・・・・・

短い!実に短い!


バックパッカーの界隈では、1ヶ月でも短いと言っている人がいます。

普通の旅行なら2週間は長いほうでしょうけれど・・・・・・


けれど、みんなそれぞれ予定がありますからね。

ヒッピーではないのですから、限られた期間でも楽しく行きましょう。

いいんです。フラッシュパッカーですから。笑


さて、言語の話に戻ります。



正直、英語しゃべれない人って、日本人と発展途上国の人たちだけだと思っていました。

いやまぁ、日本人でもしゃべれる人はいます。

けど、大抵、仕事で使うからしゃべれるという人が大半です。

研究生活をしていても、日本では有名な論文は大抵日本語で読むことができるように訳されているということに気づきます。

つくずく日本って恵まれているなぁと思います。

言語のハードルで海外から有能な人やずる賢い人が入りにくい状況が出来ているのだろうなと思います。

案外、国防に一躍買っているのかも。笑


私は、このような趣味をしているので、日常会話程度は研究室の留学生と英語でしたりします。

それから、留学生の先輩も僕に何かを説明するときは、英語が多いです。

だから、英語が通じればどこでもいけます。困ることはありません。


それで、今回、南米に行こうと考えたのですが、南米ってどうやら英語がほとんど通じないようですね・・・・・・

スペイン語圏とポルトガル語圏があるようで、英語が全く通じないこともあるようです。


それに、アジアと違って、治安もよろしくない。

というわけで、今回は、南米の中でも比較的難易度の低い、キューバ、メキシコあたりに行ってみることにします!


キャプチャ


日数もあまりとれなかったので、実況見分みたいな感じでいこうかなと。

とりあえず、キューバまでの飛行機を取りました。

エアロメヒコで成田発サーチャージ込み96000円也。

うーん。飛行機代だけで東南アジアに1ヶ月住める。笑

けれど、しょうがないよね。地球を半周するんですもん。

そして、久しぶりに国際線をLCC以外で乗ります。笑

ここのところ、AirAsiaとかScootとかJejuとか・・・・・・LCCしか乗っていないのです。

AirAsiaは結構アテンダントの感じか好き。あの赤いユニフォーム



キューバは社会主義の国なので、いろいろと手続きが面倒のようです。

とくに、いろいろアメリカ系とは仲が悪く、旅行保険もアメリカの会社ではお断りだそうです。

まぁ、しょうがないですよね。

「キューバ危機」とかいろいろありましたもんね。

そんな感じで、必要手続きなどはまたまとめようと思います。

乞うご期待。




もっと詳しく知りたかったり、ご不明点等ありましたら、コメントにてお寄せください。

可能な限り答えさせていただきます。


関連記事