Information

Sakito.A

Author: Sakito.A

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

最近はダブルダッチはじめました。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -

前回の記事はこちら。

それは、昼休みでした。

私は周りの友人達といつもどおり昼食を取っていました。

その友人達も、ハッキリ言って、優等生とは鏡像異性体。

つまり、私に似たような柄の人間達です。

使用禁止のはずの携帯電話は平気で使っているし、休み時間に漫画を読むなどは日常茶飯事。

タバコをすわないのがせめてもの救いといったところでしょうか。

そんないつも通りの昼食の時間に、担任の先生が真剣な顔をしてきました。

仕事嫌いで昼休みに教室には絶対来ない先生が、突然来るなんて私たちにとっては全くの見当外れ。

周りのほぼ全員が咄嗟に携帯電話を隠しました。

校内は携帯電話は使用禁止で、ホームルームで預ける事になっています。

しかし、そんな私たちの怪しい行動には目もくれず、先生は私の前に立ち、真剣にいいました。

「お前、ちょっと話があるんだが。飯を早く食って職員室にこい。」

久しぶりに見た真剣な担任だったと思います。

先生はそういうと、すぐに教室を出ていきました。

騒然となる教室。多くの生徒が私を見つめます。

「おい、えびちゃん。何したんだよ。」

当時、私はそう呼ばれていました。

「しらん。記憶にないわ。まじで。」

とにかく、私は全く記憶になく少し焦っていました。

最近、殴り合いの喧嘩もしていないし、授業の態度などから判断される平常点は最悪ですが、定期試験でその辺りの点数はカバー出来ているから単位は余裕なはずです。

とにかく、全く身に覚えもない。

だとしたら、クラス委員として、何か仕事を押し付けられる命ぜられるのかもしれない、と急いで昼食を取り終えました。

そして、急いで職員室に向かいました。

つづく。
スポンサーサイト

前回の記事はこちら。

「久しぶりの鉄火場だな!」


ダークスーツの男がそう言って私の肩をつかみました。そうして、後ろに引いて僕の前に男が出ました。

私とお兄さんに殴りかかってきていた迷惑人たちに、容赦なく鉄拳制裁を浴びせるダークスーツの二人組み。

しかし、相手は4人です。迷惑人のうち一部はやっぱり、私とお兄さんに向かってきました。

もう、こうなったら打つ手がありません。

それに、私もお兄さんも正当防衛が成立するはずです。

私もお兄さんも周囲の皆様になるべく迷惑にならないように、反撃をしました。

電車は何事もなく、池袋駅に到着。すると、暴れる迷惑人達を他の周りの乗客たちがみんなで押してホームに押し出しました。

周りの乗客も迷惑していたのは明らかです。押し出すときに、うずくまる迷惑人の一人をたくさんの人が容赦なく踏んだり蹴ったりしていました。

そして、ホームで誰かが非常停止ボタンを押すと駅員が飛んできました。

周囲の数人が暴れていた迷惑人たちを全員取り押さえ、別の人が駅員に状況を報告していました。

そして、一応は当事者ということで、駅員さんに連行されました。

私とお兄さんは、迷惑人たちとは別の部屋に連れて行かれました。ダークスーツの二人はいつの間にかいなくなっていました。

警察官が来て、事情を聞きはじめました。

けれど、警察官もあまり詳しく聞いてはきませんでした。理由はよくわかりません。




一度出て行った警察官が戻ってきました。

「ごめんねー。やっぱり、相手がさ・・・日本人じゃないもんで、話が通じなくって。」

警察官は、私とお兄さんに言いました。

「一応、住所と電話番号は聞くけど、怪我とかなければ帰ってもらっていいよ。」

そういって、メモみたいなものを取り出しました。




結局、終電に間に合いませんでした。

お兄さんとは池袋駅で別れて、私は歩いて赤羽の家に帰ったのでした。



しかし、あのダークスーツの二人はいったい何者だったのでしょうか。

喧嘩も異常に強かったし・・・

なにより、容赦がありませんでした。

オンラインゲームというと、最近は以前よりも敷居がずいぶんと低くなったのではないでしょうか。

その昔、オンラインゲームの黎明期といえば、「何かよくわからない連中が夜な夜なやっている怪しいゲーム」という偏見をもたれていたような気がします。

この頃はスマートフォンでも出来るオンラインゲームがあるらしく、ユーザーも爆発的に増えたのではないでしょうか。

それに、最近のスマホゲームというのは大半がインターネットに接続して、他のプレーヤーとバトルをしたり協力したりと、オンラインゲームとオフラインゲームの線引きは曖昧になってきていると思います。

私はあまり時間がないのと、課金がしたくないのを理由にいわゆるソーシャルゲームなるものは現在やっていません。

一時昔は「怪盗ロワイヤル(DeNA)」なんてものをやっていましたけれど、なんだかよくわからない廃課金に粘着行為をされて、無課金だった私はなすすべもなく嫌気が差してやめた気がします。

どういうゲームでもオンラインだと大抵こういう弱いものいじめをしている奴はいるのですが、私は昔からこういった連中に対して気になっていることがあります。

それは、そうやって弱いものいじめをしてユーザーが減っていけばゲーム自体がサービス終了になる可能性だってあり、そうなればその人のせっかくの課金()も無駄になるということです。

これはソシャゲだけでなく、ゲームセンターの対戦できる筐体でもいえることかと思います。

たまーに(年に五回くらい)人と待ち合わせするときなどにゲームセンターにいき、対戦可能な筐体などに入って一人で遊んでいると、乱入してくる人がいます。

ゲームのシステム上、乱入はしかたありません。当然の行為です。

しかし、明らかに弱いものいじめをして階級稼ぎとか撃墜星稼ぎとかするのはいかがなものでしょうか。
これだけで何のゲームかわかる人はいらっしゃるかもしれませんね。

後者については時々返り討ちにしますけれど、うーん、やっぱり格闘ゲームは苦手ですね。

それはいいとして、何のために遊んでいるのか。武士道でも一回読んできたら?なんて思います。

ついこの前も、京都のとある場所で黒いマスクをつけたイカにもな集団に勝手にボタンを押されて乱入されました。

そこまでして乱入したいのかと、呆れて開いた口がふさがりませんでしたね。まぁ、勝ったからいいですけれど。失笑

さて、前置きが長くなりました。

私がオンラインゲームを始めた頃といえば、マビノギだとかリネージュやラグナロクオンラインなどが全盛期であったかと思います。
現在はオンラインゲームから身を引いているので詳しい情報はすいません、わかりません…

とにかく、私は親戚の人に誘われて始めたような気がします。

はじめたものはこのブログを遡っていただければ一目瞭然です。お時間のある方はどうぞごゆっくり。

とは言っても、私は中学高校と寮生活でした。ですので、ログイン出来るのは実家に帰る休日のみ。いわゆる、休日プレーヤーでした。

けれど、オンラインゲームにはそういった休日限定プレーヤーなんて人もたくさんいるので、そういった人々の仲良く暮らしておりました。

そんなある日のこと、同じオンラインゲームをやっていたクラスの友人が突然学校に来なくなりました。

転校してきて半年くらいだったとはいえ、いじめれている様子でもなければ何か健康的な問題を抱えているといった印象もない。そんな長く休む要素のない友人が突然、学校に来なくなりました。

私は当時、クラス委員をやっていました。それも、担任の先生の推薦で。

どうして、私のような優等生とは鏡像異性体にいるような僕をクラス委員に指名したのかは、いまだに不明です。その後生徒会にもなるのですが、それはまた別の話。

その日の朝学校に行き、席が近くだったその友人がいないことには、気づいていました。

けれど、その友人は当時、携帯電話等を持っておらず、連絡の手段がありませんでした。ホームルームが終わったら担任に聞こう、とだけ思っていました。

ホームルームが終わって担任に聞くと、まだ連絡は来ていないらしい。まぁ、そのうちにわかるだろうと、深くは考えませんでした。

しかし、事態は思わぬ方向へ向かっていくのでした。

次の記事はこちら。

前回の記事はこちら。

わけのわからない叫びを上げ、僕に襲い掛かる迷惑人。

そして、その時点でやっと電車ごっこを中断する、残りの迷惑人たち。

私の前の迷惑人は、顔を真っ赤にして暴れ始めました。

迷惑人の仲間たちは後ろでただ見てるだけ。

止めようとすらしません。

はじめから最後まで、なんと迷惑な連中でしょうか。

しかし、相手は酔っています。とりあえず、次の駅までしのいで、ホームに押し出そうと考えていました。


すると、突然、私の後ろで声がしました。

「まったく、迷惑なヤツだな。」

そういった次の瞬間、私の後ろから身を乗り出し、長い腕が暴れる迷惑人に高速で伸びていきました。

そして、拳は見事に迷惑人の鼻にヒット。

迷惑人は叫び声を上げて、鼻を押さえ始めました。

その後ろでは、いきなり鼻を押さえだした迷惑人を仲間たちが不思議そうに見ています。

「まったく、おとなしくしてろってんだ。」

後ろを見ると、ダークスーツに身を包んだオールバックの男の人がいました。

めちゃくちゃガタイが良く、身長は180センチは超えているような人で大男といっても差し支えないほどでした。

そして、その隣にも同じような男の人がいてニヤニヤと笑っています。

車内の空気が一気に張り詰めます。

周りでしゃべっていた人たちも異常な空気を察しみんな話をやめました。

明らかに都心の満員電車の空気ではありません。

あたりには電車の音だけが響いています。

状況を察し、周囲の人が何人か、車内の奥へと逃げ込み、少しずつスペースが広がり始めました。


しかし、その逃げていった人も迷惑をこうむっていたのに、どうして、と僕は思いましたけどね。

そして、次の瞬間

「#$%&@!」

盛大な叫び声を上げる迷惑人たち。

残りもあわせて全員が殴りかかってきました。

次の記事はこちら。

前回の記事はこちら。

新宿駅で乗り込んできた迷惑人たち。彼らの騒ぎはいっそう派手になっていきます。


何度もぶつかられていよいよ怒ったお兄さん。

お兄さんは何度もぶつかってきた一番後ろの人を押し返しました。


すると、押し返された人が電車ごっこを中断。

お兄さんをにらみつけ始めました。


私の目の前でにらみ合う両者。

お兄さんのほうが若干背が高かったような気がします。



そして、次の瞬間でした。



ふざけていたほうの人が何かよくわからないことを叫び、突然お兄さんに殴りかかりました。


もちろん、満員電車なので腕に勢いは全く付いていません。

小学生がフルパワーで殴るほうが強い程度でしょうか。


お兄さんはその手を軽い動作で払いました。


しかし、その方向が最悪でした。

少なくとも、私にとっては最悪の方向でした。



お兄さんが払った手は、スルっと抜けて私のほうへ方向を変えました。

もちろん、とっさに手で受け止めます。意味もなく殴られるのはみんな嫌です。

しかし、これがよくなかったのでしょう。



「#$%&@?!」




何かを叫び、今度はこちらに殴りかかる迷惑人。

怒りのベクトルが明らかに私のほうへ向いてしまったのです。

次の記事はこちら。
Theme :日記 - Genre :日記
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。