Information

Sakito.A

Author: Sakito.A

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

最近はダブルダッチはじめました。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -

前回の記事はこちら。

わけのわからない叫びを上げ、僕に襲い掛かる迷惑人。

そして、その時点でやっと電車ごっこを中断する、残りの迷惑人たち。

私の前の迷惑人は、顔を真っ赤にして暴れ始めました。

迷惑人の仲間たちは後ろでただ見てるだけ。

止めようとすらしません。

はじめから最後まで、なんと迷惑な連中でしょうか。

しかし、相手は酔っています。とりあえず、次の駅までしのいで、ホームに押し出そうと考えていました。


すると、突然、私の後ろで声がしました。

「まったく、迷惑なヤツだな。」

そういった次の瞬間、私の後ろから身を乗り出し、長い腕が暴れる迷惑人に高速で伸びていきました。

そして、拳は見事に迷惑人の鼻にヒット。

迷惑人は叫び声を上げて、鼻を押さえ始めました。

その後ろでは、いきなり鼻を押さえだした迷惑人を仲間たちが不思議そうに見ています。

「まったく、おとなしくしてろってんだ。」

後ろを見ると、ダークスーツに身を包んだオールバックの男の人がいました。

めちゃくちゃガタイが良く、身長は180センチは超えているような人で大男といっても差し支えないほどでした。

そして、その隣にも同じような男の人がいてニヤニヤと笑っています。

車内の空気が一気に張り詰めます。

周りでしゃべっていた人たちも異常な空気を察しみんな話をやめました。

明らかに都心の満員電車の空気ではありません。

あたりには電車の音だけが響いています。

状況を察し、周囲の人が何人か、車内の奥へと逃げ込み、少しずつスペースが広がり始めました。


しかし、その逃げていった人も迷惑をこうむっていたのに、どうして、と僕は思いましたけどね。

そして、次の瞬間

「#$%&@!」

盛大な叫び声を上げる迷惑人たち。

残りもあわせて全員が殴りかかってきました。

次の記事はこちら。
関連記事

Comment

No title

そのスーツのお兄さんってまさかその筋の(RY

  • 10 #- - URL
Re: No title

> そのスーツのお兄さんってまさかその筋の(RY

どうなのでしょうか。いまだに謎ではあります。ただ、もしそうだとしても、私からすれば頼もしいの一言でした。

  • Sakito.A #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。