Information

Sakito.A

Author: Sakito.A

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

最近はダブルダッチはじめました。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -

前回の記事はこちら。

「久しぶりの鉄火場だな!」


ダークスーツの男がそう言って私の肩をつかみました。そうして、後ろに引いて僕の前に男が出ました。

私とお兄さんに殴りかかってきていた迷惑人たちに、容赦なく鉄拳制裁を浴びせるダークスーツの二人組み。

しかし、相手は4人です。迷惑人のうち一部はやっぱり、私とお兄さんに向かってきました。

もう、こうなったら打つ手がありません。

それに、私もお兄さんも正当防衛が成立するはずです。

私もお兄さんも周囲の皆様になるべく迷惑にならないように、反撃をしました。

電車は何事もなく、池袋駅に到着。すると、暴れる迷惑人達を他の周りの乗客たちがみんなで押してホームに押し出しました。

周りの乗客も迷惑していたのは明らかです。押し出すときに、うずくまる迷惑人の一人をたくさんの人が容赦なく踏んだり蹴ったりしていました。

そして、ホームで誰かが非常停止ボタンを押すと駅員が飛んできました。

周囲の数人が暴れていた迷惑人たちを全員取り押さえ、別の人が駅員に状況を報告していました。

そして、一応は当事者ということで、駅員さんに連行されました。

私とお兄さんは、迷惑人たちとは別の部屋に連れて行かれました。ダークスーツの二人はいつの間にかいなくなっていました。

警察官が来て、事情を聞きはじめました。

けれど、警察官もあまり詳しく聞いてはきませんでした。理由はよくわかりません。




一度出て行った警察官が戻ってきました。

「ごめんねー。やっぱり、相手がさ・・・日本人じゃないもんで、話が通じなくって。」

警察官は、私とお兄さんに言いました。

「一応、住所と電話番号は聞くけど、怪我とかなければ帰ってもらっていいよ。」

そういって、メモみたいなものを取り出しました。




結局、終電に間に合いませんでした。

お兄さんとは池袋駅で別れて、私は歩いて赤羽の家に帰ったのでした。



しかし、あのダークスーツの二人はいったい何者だったのでしょうか。

喧嘩も異常に強かったし・・・

なにより、容赦がありませんでした。
関連記事

Comment

こんにちはー。

おーなんかやばそうな体験ですね、とりあえずお互いたいした怪我もなさそうなので好かったです。
此方がいくら正当化しても相手に傷を負わしたら嫌な気分になるものです。

だはでは。

  • S-KP61 #qfgbcWqM - URL
Re: こんにちはー。

> おーなんかやばそうな体験ですね、とりあえずお互いたいした怪我もなさそうなので好かったです。
> 此方がいくら正当化しても相手に傷を負わしたら嫌な気分になるものです。
>
> だはでは。

こんばんは。
まことにそのとおりであります。
ほんとに、怪我人が出なくてよかったです。

  • Sakito.A #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。