Information

Sakito.A

Author: Sakito.A

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

最近はダブルダッチはじめました。

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -

こんばんは。

いまさっき、ある高校生のときの友人と連絡がつきました。

他愛のない話から、話の内容は音楽の話へ。

友人君は、最近のRockを良くきくそうです。それも、邦楽Rockを特に。

まぁ、大抵、ロックってどのからどこまでがそうなのかの線引きは非常にあいまいですよね。

海外アーティストには、そういったジャンルわけを好まない人たちもいます。
Linkin Parkとか。

友人君は過去に「Helloween」を聞いていたそうです。

彼らはメタルですが、友人君は良く聞いていたそうです。

逆に、私はというもの、ちょっと激しすぎて好みではなかった気がします。

私の洋楽Rockの原点はおそらく「Queen」にあると思っているので、わかる方はわかっていただけるかと。

ちなみに、人生最初の購入したCDは「Queen」の「Jewels」です。

前略プロフィールなんかがはやった時代でもあったので、「初めて買ったCD」の項目は、ちょっとしたアピールポイントだったような気がします。
まぁ、今以上に英語はできませんでしたけれどねxxx


さて、プロフィールでRock好きを公言している私でありますが、邦楽Rockに関しては確かに疎い。

ちゃんとわかるのは、「One OK Rock」だけ。

ワンオクだって、邦楽といってよいのかどうなのか微妙なラインな気がしてならない。

とりあえず、友人君はある曲をお勧めしてくれました。



ふーむ。なるほど。

私のイメージしていたものとちょっと違ってはいましたが、結構、私の好みを得ているような気がします。

恐るべし友人君。伊達に六年間も同じ寮で過ごしたわけではないようです。

それからこっちも。




さて、紹介されてばかりでは、こちらも黙っていられません。

友人君が洋楽を聞きたいというので、こちらからも。



ペプシコーラのCMで流れている曲です。

あのCMって、なんだか映画みたいでやたらとかっこいいですよね。

けど、実はこの曲の歌詞は、CM映像とは全く関係ないんですね。

私のつたない英語で精一杯解釈させていただきますところ、

「恋愛がうまくいっていないと思っている男性が彼女さんに別れ話を繰り出そうとしているのだけれど、いつもいいところで逃げられたり、嘘の約束をして有耶無耶にされてしまう。」

といったところでしょうか。女性の勘は恐ろしいまで。

うーん。CMでは歌詞のところは殆ど入らないから、関係ないといえば、そんな気もしますけれどね。


つづく。(たぶん)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。