Information

やまえもん

Author: やまえもん

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

ときどきバックパッカーしています。

Recent Posts


東南アジアに到着して約2週間が経ちました。

私は、タイ王国のチェンマイでゆっくりしていました。

ご飯おいしいし人も優しいし治安もいい。

微笑みの国タイとは言いますが、本当にそのようです。

トゥクトゥクドライバーを除いて

そんな中、東京で出会ったある女性バックパッカーに聞いたことを思い出しました。

チェンマイからさらに北に行ったところにパーイという村があって、とても良いところだとか。

チェンマイもあらから見た感じでこれ以上いても沈没しそうだったので、次の日さっそくパーイまで行ってみることにしました。

IMG_7451.jpg
超田舎!けどそれがいい

思い立ったらすぐに動けることが1人旅の良いところです。

パーイに行くにはだいたいのパッカーが乗り合いのバスを利用します。

バスといっても、一番大きいサイズのトヨタハイエースに14人詰め込まれ、さらに屋根には荷物も山積みといった、途上国らしい合理的な移動手段です。

どうやら、郵便や宅配なども兼ねているようで、僕が割り当てられたバスの上には、新品の子供用の自転車が積み込まれていました。

しかも、乗客個人の荷物は足元に並べるので、車内は詰め詰めです。

そして、そんな車でかなりの山道を3時間。

車酔いが苦手な方はかなり大変かもしれません。

同乗していた、アメリカ人女性と中国人女性がリアルに吐いていました・・・・・・

途中でトイレ休憩がありますが、トイレとその辺で採れた物産を売っている程度です。

ちなみにトイレは有料です。小銭があると便利ですが、タイですのでちゃんとお釣りを返してくれます。

そんなこんなでタイの秘境パーイ(Pai)に到着です。

IMG_7385.jpg
パーイの中心部の交差点

写真の場所。実は曲者の交差点です。



この交差点付近にたくさんのお店があり、夜も遅くまで営業しているので、おなかがすいたらこの辺にくれば解決します。

また、夜になると屋台も出て、なかなかに賑やかです。「Happy Cookie」などという、怪しいクッキーも売っていたりします。

ミャンマーとの国境まで30km程度。かの有名な黄金の三角地帯(Golden Triangle)までも数10km。ミャンマー政府が取り締まりを強化して久しいですが、すぐには無くならないのでしょう。

気になる方は、黄金の三角地帯(Wiki)へどうぞ。


IMG_7389.jpg

価格はとてもリーズナブル!

一週間ほどの滞在で私はハズレは引きませんでした。

滞在していたホステルのメンバーでタイ風寿司に挑戦しましたが、僕以外全員次の日行動不能になっていましたので、寿司だけは気をつけてくださいね!

あと怪しいクッキー。

最近日本でも法律が変わったらしく、海外で摂取して、帰国時に検査で陽性だったら捕まるようです。

それはさておき、ひとつ前の写真の左下にある看板なのですが英語でも一応表記があります。

というのは、パーイでは移動手段がほとんどないため、外国人はほとんどバイクを借ります。

一日400円くらいで125ccを借りることができるので、かなりおすすめです。

50ccすらまともに乗ったことのない私でもなんとなく乗れました。

この看板の意味は、「信号が青のときにのみ左折可能」なのですが、結構、赤でも左折してしまう人が多く、この先に警官が多いということも有名。

タイでは基本的には信号が赤でも左折は可能です。

これは、アメリカ合衆国やドイツ連邦共和国で信号が赤でも右折可能というルールと同じです。通行の方向が反対なだけ。

ところが、ときどき、写真のような看板があり、この先に警官が張っています。

時にはタイ語でのみの場合があるので、信号でそれっぽい標識を見つけたらとりあえず止まって、現地民が左折したらついていくようにしましょう!

なんでこんなこというのかと言うと、そうですよ。

私もそれで捕まりかけたんですよ。

けれど、警官は良くも悪くも仕事に不真面目だったので、ビールをおごったら許してくれましたとさ。

つづく
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback