Information

やまえもん

Author: やまえもん

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

ときどきバックパッカーしています。

Recent Posts


タイ北部の秘境に来ております。

実にのどかで、ゆっくりと時間が流れています。

スケートボードパークというホステルにお邪魔させてもらっていまして、気さくな人が多く、英語の練習をさせてもらっていました。



場所はこの辺です。

コミュニケーションをとるのがイヤでない方は是非尋ねてみてください。

アメリカ人が多かったですね。



IMG_7395.jpg

朝から営業しているお店もたくさんありますので、朝食も外で採れます。

何を食べたのか忘れましたが、物価はチェンマイくらいだと思います。


さて、ふたたび観光と行きましょう。

まず有名なパーイキャニオンです。

パーイ中心部からバイクで5分程度でいけます。

IMG_7418.jpg

まぁ、アメリカのグランドキャニオンの100分の1くらいの規模でしょうか。

別の記事でも述べましたが、パーイはタクシーなどが極端に発達していないので、自力で交通手段を確保する必要があります。

バイクが嫌な人ように自転車の貸し出しもしているようですが、何せ山中ですのでおすすめできないです。

IMG_7416.jpg

現地で知り合ったアメリカ人女性撮影。
この女性とはこの後偶然バンコクのカオサンでもう一度会うことになります。

このように崖になっているので、サンダルなどで行くのはやめたほうがいいかも。

IMG_7404.jpg

これは旧日本軍が作った橋らしいです。




現在は新しい橋がとなりに架けられていますので、観光用となっていますが、まだまだ使えそう。

ここで歴史的なお話。

パーイはそんなことなかったですが、付近の村ではそういった理由で日本軍ついてよく思っていない人(特にご年配)がまだいるらしく、注意が必要とは言われました。

とくにもっと奥のメイホングソンなどは良くないかもしれないといわれました。

少数民族がいまだに民族といて成り立っている地域で、伝統衣装などがすてきです。

橋はミャンマー(当時はビルマ)に物資を輸送する一つのルートとして計画されていたらしいです。

詳しくは泰緬鉄道をご覧ください。

結局、カンチャナブリのほうを通るルートになったらしいんですけれど、なんでわざわざ橋まで作ったんですかね。

当時の日本軍の計画性の悪さがわかる気がします。インパール作戦とか。


また、どうやら、日本人集落があるらしいという噂を聞いたのですが見つけることができませんでした。

そんな簡単に見つからないようにされているんでしょうけれど。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback