Information

やまえもん

Author: やまえもん

Birth Day:9/3
Area:Japan

はじめましての方はこちらへ


コメントや相互リンクは随時大募集しております。URLを残していただければ、必ず訪問させていただきます。

Rockを愛する人間です。
いまのところ、人生最大の幸福はRockに出会ったこと。
No Music No Life を素でいっているような人間です。

ときどきバックパッカーしています。

Recent Posts


いよいよクチトンネルに潜入です。

今回は後半に動画があります。

IMG_7726_2020060522213190e.jpg

当時の兵器がたくさん並べられています。

IMG_7727_20200605222132a40.jpg

砲弾かなにかでしょうか。

IMG_7729_20200605222134789.jpg

一応、柵と屋根がついて展示品ぽいけど

掘り起こしたやつ並べただけじゃね

IMG_7731.jpg

ブローニングM2が見えますね。

まだ現役と考えると長寿ですね。

IMG_7733.jpg

迫撃砲や無反動砲もありました。

ていうかほとんど鹵獲兵器のようですね。


さて、チケットを買う場所に行くと、ちょっと待つように言われます。

別に屋根のある場所でもないので雨の日は大変ですね。

ちなみに、ツアー形式で数人まとまって案内されますがすべて英語で説明されます。

VELTRAなどで行くと日本語ツアーになるのかどうかは不明です。

それでは、トンネルの様子は動画でご覧ください。

本人撮影です。



動画をとるのが下手くそなのはご容赦ください。

とにかく狭くて、白人系の体格の良い方々は入れないと思います。

入れたとしても永遠に匍匐とか・・・・・

おそらく、横幅より身長のほうがマイナスに働きます。

わたしもトレーニングをしているので胸囲100cm超えてますし、肩幅もあるほうですが身長が170cm。

しかし、僕より細いけれど身長180cm超えていそうな男性は無理そうでした。

白人系は女性以外はチャレンジすらあきらめていました。

最後の出口のところがかなり大変で、履いていたタイパンツ破けました。笑

僕くらいの大きさがボーダーラインなのかもしれないです。

東南アジアの人たちは僕より小さい人がたくさんいますから、合わせて作られたと考えられます。

このあとタロ芋を蒸したものを岩塩をつけて食べるものをいただいてツアーは終了でした。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback